雑学、豆知識

「〜づらい」と「〜ずらい」はどちらが正しい?|見分け方を教えます

最近、すっかり字を書かなくなりましたね。

スマホやパソコンが、

日常生活に当たり前のように浸透し、

文字は

書くものではなく

 

文字は

打つもの、フリックするもの

になってきましたね。

あなたもそうではなりませんか?

字を最後に書いたのはいつですか?

 

「文字を打つ」や

「文字を入力する」の方が

「文字を書く」よりも

身近な表現になってきたような気がします。

 

特に若い世代は、

文字は打つもの、入力するもの、フリックするもの

それが当たり前なのかもしれません。

 

 

文字を書かなくなったせいか、

とっさに書けなかったり、

誤字が増えました。

 

また、

文字を打とうとして、

送り仮名などで、

 

どっち?

 

と思うことも増えました。

 

その一つの例をご紹介します。

 

しずらい しづらいどちらの表記が正しい?|自信をもって言いいづらい?

どっちが正しい

 

「づらい」と「ずらい」。

「~しづらい」「~しずらい」は、とっちが正しいか分かりますか?

こっちが正しいと、

自信をもって言えますか?

 

生きづらい or 生きずらい

食べづらい or 食べずらい

見えづらい or 見えずらい

づらい or 逃げずらい

 

「づらい」と「ずらい」正しいのは?|「づらい」が正しいですよ。

「~づらい」「~ずらい」は、

 

『~づらいが正しい!

「づらい」が正解でした。

「ずらい」は誤りとなります。

のほうが正しいです。

「づらい」と「ずらい」|正しい方の見分け方!

「づらい」と「ずらい」は、

「づらい」が正解ですが、

その見分け方は、あるのでしょうか?

 

2つの方法をお知らせします。

~づらい or ~ずらい|正しい方の見分け方(その1)理屈で覚える

1つ目は、正攻法。

理屈で覚えましょう!

「~づらい」は、「~をすることが辛いと言っています。

 

「辛い」は「つらい」ですね。

なので

「づ」が正しいと見分けられます。

 

”辛い”からの→”づらい”

です。

このように言葉の意味から見分ける方法があります。

~づらい or ~ずらい|正しい方の見分け方(その2)たくさん書いてみる

2つ目ですが、

こんな風にいくつか書いて見比べてみます。

生きづらいと生きずらい

食べづらいと食べずらい

見えづらいと見えずらい

逃げづらいと逃げずらい

取りづらいと取りずらい

理解しづらいと理解しずらい

受け入れづらいと受け入れずらい

停めづらいと停めずらい

現れづらいと現れずらい

分かりづらいと分かりずらい

 

そうすると、

な~んか違和感がある言葉

いくつか出てきますよね。

 

それで「づらい」と「ずらい」の

どっちが間違っているのか、を見分けます。

 

「~づらい」と「~ずらい」。

沢山書いてみると、違和感がある表記がいくつかあります。

 

例えばこれらです。

逃げづらい or 逃げずらい

現れづらい or 現れずらい

 

逃げずらい現れずらい

は何か違和感がありますよね。

 

その違和感から

「~ずらい」は誤りであることを導き出します。

こうやって見分ける方法もあります。

 

その人の主観に頼るという、ちょっと曖昧な方法ではありますが、私は結構このやり方で、正解を探しています。

 

昔だったら、”手が覚えていた”

職人

昔だったら、

この程度のことは”手が覚えていた”ような気がします。

 

「~づらい」と「~ずらい」の例を何回か書けば(書く振りでも)

こっちだ!と手が覚えていてくれたような気がします。

 

でも最近は文字を書かないから、手も覚えていないみたいです・・・

 

まとめ

「~づらい」と「~ずらい」は「らい」が正解。

見分け方は2つ

意味から考える

辛いからきている → つらい → づらい

いくつか他の表現から違和感を探す

「逃げずらい」

 → あまり見ない気がする(違和感)

   → 「~ずらい」は誤り

    → 「づらい」が正解

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

 

 

こちらの記事もおすすめ