雑学、豆知識

ワイシャツの肌着の選び方|おススメの形、色は?【新社会人向け】

新社会人になると、本当にちょっとしたことなんだけど、知っているのと知らないとでは差が出る知識や常識がありますよね。

たったそれだけの事?という事でも、知らないうちに周りから「あーあ」と思われていることもあります。

今はインターネットでいろいろな情報や常識を調べることが出来るので便利ですよね。私が新社会人の頃はそのような知識や常識、マナーは先輩達から教わるか、失敗して学ぶことしかできませんでした。

なので、今回は、初めてスーツを着て仕事をする場合の、知っているのと知らないとではチョット差がつくかもという知識を紹介します。

それは、ワイシャツの肌着の選び方です。

新社会人などワイシャツで初めて仕事をする人向けの、肌着を選ぶ際の考え方をお知らせします。

なーんだ、という事ですが知らないと、チョット恥かしい事になるかもしれません。

ワイシャツの肌着|おススメの形は?

ワイシャツの下に着るシャツですが、お勧めの形はVネックで半袖の肌着です。

半袖の場合、個人的にはこれ一択でいいと思います。

なぜ、ワイシャツの下の肌着にVネックをお勧めするかというと、ネクタイを外して第一ボダンを外した時の見た目の問題です。

今は昔と違いクールビスの期間がありますよね。あなたの会社でもクールビズの期間が設けられているのではないかと思います。

ちなみに、クールビズが何かは知っていますよね?

現在東京都知事の小池百合子氏が小泉内閣で環境大臣に就任した際、環境省が主導して行った、夏場の冷房を節約するため上着やネクタイを着用しないノーネクタイ・ノージャケットのキャンペーンの事ですね。

クールビズ(cool BIZ)という言葉は、当時一般公募で選ばれました。

2005年のユーキャン新語・流行語大賞のトップテンにも選定されました。

流行語大賞2018が発表|大賞これか~!いち早く2019を予想だ! 「新語・流行語大賞2018」が発表されました! 「2018新語・流行語大賞」決定! 年間大賞はこの語でした! ...

クールビズで「ノーネクタイ・ノージャケット」となった場合、シャツの第一ボタンは外します。

そうすると首元が少し開きます。そこから下に着ている肌着がチラリと見えていると・・・

ダサく見えるんです!

Tumisu / Pixabay

 

 

ワイシャツの肌着のが見えると、ダサくみえるので注意が必要です。

若い女子社員なんかはそういうところを見ていますよ!

ワイシャツの首元から肌着が見えていようと、見えてまいが、上司や営業先はそれほど気にしていないかもしれません。仕事の効率も変わりません。

しかし、若い女子社員は見ていますよ!

女子社員からそんなところで減点を食らうぐらいなら、形状(襟の形)は迷わずVネック一択でいいと思います。

Uネックなどもありますが、ちょっとデザイン的にジジクサイのでVネックで決まりです。

丸首(丸襟)だと襟が見えちゃうので、アウト~!です。

もう1つ、なぜ半袖をお勧めするかというと、汗をかいた時の事を考えてです。

タンクトップやノースリーブの肌着では、脇にかいた汗を十分に吸収できません。

汗かきの人や外回りで汗をかいて着た場合、それらの形状では脇の汗を十分に吸収できず、時間と共に臭いが発生してしまう可能性があります。

汗臭~っというやつです。

ワイシャツはあまり汗を吸いません。

当然、肌着を着ないという選択肢はありません!

 

というわけで、

新社会人になってYシャツの下に着る肌着を買いそろえる時は、Vネックで半袖の肌着を買っておきましょう!

 

半袖のワイシャツの下から肌着の袖が出ないか、両方のサイズだけは確認しておきましょう。

サイズが大きすぎる肌着を買ってしまった場合、下からはみ出さないとも限りませんので。念のため。

 

ワイシャツの肌着の色|グレーでもいい?やっぱり白?

Yシャツの肌着の色ですが、お勧めの色は 無地の白 です。

これまた個人的にはこれ一択でいいと思います。

なぜワイシャツの肌着の色に「無地の白」をおススメするかというと、次の理由からです。

 

  1. 柄や文字が書いていると透けて見える
  2. 濃い色は透けて見える
  3. (ワイシャツが半袖の場合)袖口から肌着の袖が見える場合がある

 

1と2は説明は要らないと思います。

3については、暑い時期に半袖を着る場合にポイントとなってきます。

半袖のワイシャツの下に半袖の肌着を着ることになると思いますが、腕を上げた際などに袖口から下の肌着が見えてしまう事があります。

そんな時、下から色付きのシャツが見えるとちょっとダサいです。

 

ワイシャツから透けるほどの濃い色はまず御法度(柄も×)ですが、薄いグレーやベージュなども出来れば避けた方がいいですね。

個人的にはグレーならかろうじてOKかなと思うのですが、ベージュが見えると何となくダサい!ババシャツならぬ”じじシャツ”っぽくて何かダサく見えます。

 

そんなリスクを背負うぐらいなら”爽やかで無難な白”でいいと思います。

これも若い女子社員対策ですね。

中年の上司になってくると肌色、ベージュを着ているかもしれません。

mmi9 / Pixabay

 

ワイシャツの肌着 冬は?|ネクタイ着用で長袖のワイシャツの場合

冬にワイシャツの下に着る肌着ですが、この場合ネクタイ着用で長袖のワイシャツを着ていると思いますので、基本的にはワイシャツの上から透けて見えなければどんな肌着でもいいと思います。

形状・・・Uネック、Vネック、丸首、何でもいいと思います。

色・・・白、グレー、ベージュ 透けなければいいと思います。

袖・・・半袖、長袖 どちらでもいいと思います。

個人的には、肌着をいろんな種類バラバラにそろえるよりも統一してVネックの白にしておけば、毎日肌着ごときをどれ着ようか悩む事もなく効率的だと思います。

肌着に迷う時間を他に当てましょう。

 

ワイシャツの肌着|おススメの素材は?

夏(半袖)は清涼感や消臭効果があるような、夏用の肌着。

冬(半袖or長袖)は保温効果などがある、冬用の肌着をおススメします。

ユニクロのエアリズム(AIRism)やヒートテック(HEATTECH)などでもいいでしょうね。

あとは職場の環境や住んでいる地域の気候など合わせて考えていきましょう。職場の暖房が暑い場合は「あったか素材」ではない普通の綿素材が良かったりもします。

その辺は後から調整しましょう。

 

まとめ

新社会人が、ワイシャツの下に着る肌着の種類や色に迷ったら、基本線としては

  • 色は無地の白色
  • 形状はVネックの半袖(必要に応じて長袖)
  • 素材は、夏はクール素材、冬は暖か素材のもの

をお勧めします!

以上、新社会人などワイシャツで初めて仕事をする人向けの、肌着のおススメでした。

 

新社会人が、年末に退社する時の挨拶は、こうすればいいよ!新社会人にとって、社会人としてのルールやその会社の慣習など、1年目は分からないことばかりですよね。 仕事もさることながら、その常識...
関連する記事