いろいろ好奇心!

障害者割引はICカードで利用できないの?→今後利用できる改善の流れあり!いつ?

電子マネー

2019年2月13日配信の朝日新聞デジタルで

『交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳定時不要に』についてという記事が載っていました。

私も、IC化の流れに大賛成です。

障害者割引はICカードで利用できないの?→今後改善の流れあり!いつ?

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、障害者割引の簡素化、IC化などについて、国土交通省が全国の交通各社に対し、手続きの簡素化をに求め始めたそうです。

2020年までに、

障害者割引も

ICカードの利用が可能

になる可能性が出てきました!

私は障害者手帳を持っています。

精神障害者保険福祉手帳(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第45条の保健福祉手帳)です。

障害等級は3級です。

という事で、

私も現状、

通院や手続きなどで電車やバスを利用する際、

毎回、手帳を提示し割引をしてもらっています。

これが、結構煩わしいんです。

これだけデジタルの世界が広がっているのに、いつまで手帳の提示手続きが必要なのだろうと、いつも思っていました。

割引をしてもらっておきながら、こんなことを言ってはなんですが・・・

体調悪い時などに、毎回駅員さんに手帳を見せて割引の処理をしてもらったり、

慣れていない駅員さんの場合、

時間がかかったり、後ろで待っている方がいたり。。。

何かと気を遣うことも多く・・・。。

 

割引してもらっていながら、おこがましいんですが。。。

すみません。

私の場合、

切符売り場や改札口で、

駅員さんに手帳を提示し、

割引された金額について、

ICカードで支払っています。

 

何か変でしょ?

 

ということで、

この障害者割引がIC化される動きが出てきた(国交省が交通各社に求めた)というのが今回の記事です。

障害者が鉄道やバスなどを使う際、毎回手帳を示さなくても割引を受けられるようにできないか――。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土交通省は割引手続きの簡素化を全国の交通各社に求め始めた。ICカードを改札でかざすだけで割引運賃で乗車できる仕組みなどを目指す。

引用:朝日新聞デジタル 2019年2月13日配信『交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳定時不要に』

 

本当は、東京五輪、パラリンピックなどのキッカケがなくても

自然と進んでいくべき方向だとは思うのですが、

 

でもこれまでなかなか進まなかった現状があるとすれば、

 

オリンピック・パラリンピックの自国開催をきっかけに、

交通各社には、重い腰をあげてもらう!

というのも手だとは思いました。

 

国交省には頑張ってもらいたいです。

 

今の技術では簡単な気もするんですが、

これまで進まなかった

何か「足かせ」となるものがあったんでしょうかね。

 

国交省が調べたところ、手帳の提示が毎回必要であるかのような記述が国の告示や通知、通達にあることが判明。バス事業者が運送約款の見本にしている国交省の告示「標準運送約款」では、運賃割引の確認方法について「手帳を呈示(ていじ)し」とあった。国交省はこの表記を削除し、交通系ICカードなどでも確認できることを明記する。船舶事業者や障害者手帳を交付している自治体への通知でも同様の記述があったといい、順次改めていく方針だ。

引用:朝日新聞デジタル 2019年2月13日配信『交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳定時不要に』

”障害者手帳の提示が必要である”という趣旨の告示、通知、通達が過去に出ていたんですね。

国の通知のせいか~い!

というツッコみが

日本中から聞こえてきそうです(笑)

 

交通各社は、国の通知等を元に運用していたんですね。

 

なんだ、

国の通知が元だったとは。。。

 

とはいえ、

今回、国交省はこの表記を削除したとのことで、

これで速やかにIC化が進めばいいですね。

 

 これと並行し、1月下旬からは鉄道、自動車、航空、船舶の各社に障害者手帳の確認方法の見直しを促す通知を始めた。

引用:朝日新聞デジタル 2019年2月13日配信『交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳定時不要に』

もう、

各社に障害者手帳の確認方法の見直しの通知が出始めたようです。

 

どこの会社も、

このような通知という後ろ盾があれば、

社内でもこのことを進めやすくなるんじゃないでしょうか。

 

すでに、関西などの私鉄・バス64社でつくるスルッとKANSAI協議会では、障害者と介護者用のプリペイド式ICカードを導入。事前に登録をしておけば、このカードを自動改札にかざすだけで割引運賃で利用できる。適切な利用のため、1年ごとの継続利用の確認も行っている。

引用:朝日新聞デジタル 2019年2月13日配信『交通の障害者割引、IC化めざす 毎回の手帳定時不要に』

素晴らしいですね。

技術革新が進んだ今、

昔と違い、切符をチョッキンすることも無くなったこの時代(やってましたね~昔)、ICカード化が進んだ今。

手帳を提示して割引をする。なんて、やや時代に取り残された方法のように感じていました。

東京パラリンピックを契機に、

障害者割引の手続きが、今の時代に追い付き、便利になればいいですね。

窓口や改札口で、駅員さんに手帳を見せて手続きをするのって、混雑時などは毎回、後ろで待っている人に申し訳ない気持ちになっています。

早く改善してほしいです!期待しています。

こちらの記事もおすすめ