子育て

ランドセルの人気の色|ブルー(水色)の割合は5位で10.7%、1割です。

子どものランドセル選びって

なかなか迷いますよね。

 

昔は、

男の子は黒、

女の子は赤、

とほぼ決まっていたのに、

今はいろいろな色があり、女の子でも、男の子が好きそうなこげ茶色のランドセルを持ったりと、好みも様々に多様化しています。

 

では、

ランドセルのカラーで一番人気なのは、やはり黒と赤なのでしょうか?

すでに黒と赤は1位の座を奪われているのでしょうか?

ちなみに、我が娘が選んだ水色は5位で10.7%です。

 

ちょっと調べました。

 

ランドセルの人気の色|ブルー(水色)の割合は5位で10.7%、1割です。

2018年4月に入学する児童に関し調査した

「ランドセル購入に関する調査」(一般社団法人日本鞄協会ランドセル工業会)

によると、購入したランドセルの色は、次の結果だったそうです。

男の子のランドセル

1位黒(ブラック)67.0%
2位紺(ネイビー)15.2%
3位青(ブルー)7.8%
4位緑(グリーン)2.9%
5位こげ茶(ダークブラウンチョコ)1.9%

男の子の1位は昔と変わらず、黒なんですね。

しかも圧倒的な割合で黒ですね。

女の子のランドセル

1位桃(ピンク、ローズ)24.7%
2位赤(レッド)20.6%
3位紫/薄紫(スミレ、ラベンダー等)18.0%
4位こげ茶(ダークブラウンチョコ)15.3%
5位水色(スカイブルー)10.7%

女の子の1位はなんと桃色です。

赤は、1位の座から陥落しましたね。

 

男子が、1位の黒に集中しているのに対し、

女子の場合はバラついていますね。

 

最近よく見かけるな―という

水色は、5位で10.7%です。

そっかぁ1割もいるんだ。

10人に1人も水色がいれば、よく見かけるな~という印象になってもおかしくないな。

なるほど。

 

ランドセルの価格とカラーバリエーション

ランドセルの価格は、

私が見に行ったショッピングモール(イオンですが)の売り場では、

安いもので3万円台から、

高いものは7万円台でした。

 

色は、男子は黒、青、紺や茶と比較的少ない展開でしたが、

女子用は赤、ピンク、紫、水色や茶色などカラーバリエーションが豊富でした。

 

うちの娘は水色を希望。

2018年4月に入学する児童に関し調査した「ランドセル購入に関する調査」(一般社団法人日本鞄協会ランドセル工業会)によると、水色は女子の第5位(10.7%)

水色をチョイスするとはなかなか個性的。

10%、10人1人しかいないセンスのようです。

 

 

なかなか頼もしいセンスを持つ娘、

しかし同時に頼もしい値段(7万円弱)のものを選んでくれました。

予算的に丁度いい別のランドセルをそれとなく勧めてみるも、

誘導していることがバレてしまい交渉決裂。

この日の購入は見送りとなりました。

 

子どものカバンに7万円!

皆さんの家庭も

こんなに高いランドセル買ったんでしょうか?

こんな高いランドセルを買う予定なのでしょうか?

 

先ほどの調査によると、

購入金額の平均は51,300円とのことです。

5万でも高い!

 

今の時代、

賢く安く買わなきゃ損、損!

ランドセル|2020年の人気を買わないで【格安】で購入する方法|半額以上の割引率

 

一般社団法人日本鞄協会ランドセル工業会による『ランドセル購入に関する調査』

一般社団法人日本鞄協会ランドセル工業会という団体が

『ランドセル購入に関する調査』

というものを行っており、結果が公表されています。

 

参考にさせていただきました。

 

参考:一般社団法人日本鞄協会ランドセル工業会による『ランドセル購入に関する調査』(http://www.randoseru.gr.jp/graph/)

 

購入時期でいちばん多いのは

8月(19.2%)

のようですね。

 

まずいですね。

うちも早く買わないといけませんね。

 

8月に一番多いのは、

お盆の帰省時に祖父母と一緒に買いに行くケースも多いからでしょうかね。

だから高い値段のランドセルでも売れるんでしょうね。祖父母がかわいい孫に買ってあげるから。

 

購入した商品の決定理由の第1位は、

「子どもの好きな色だった(43.2%)」

とのことです。

 

子どものカバンに数万円。

大人でもそんなに立派なカバンを使ってないわ!

と声を大にしていいたいが、

ランドセルぐらい子供が欲しいものを買ってあげてよ、と言われれば・・・です。

でもやっぱり高いですよね。