いろいろ

産業革命の第1次から3次って何?【1分で復習】

最近、第4次産業革命という言葉をよく耳にしますね。

Iotやビッグデータ、AIなどをコアとした技術革新のことを指します。

第4次産業革命により、これまで人間が行っていた労働などが、AIやロボットにとって代わり多くの人間が職を失う、という話もよく聞くようになりましたね。

では、第1次~3次までって何でしたっけ?

1次、2次ぐらいは学校で習ったのではないでしょうか?

忘れましたね。

1分程度でざっくり復習してみましょう。

第1次産業革命 水力・蒸気機関

18世紀末以降の水力や蒸気機関による工場の機械化である第1次産業革命

引用:内閣府ウェブサイト(http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html)

そうでした。第一次産業革命では、水力や蒸気機関によって工場が機械化され軽工業が発展しました。紡績が発展しましたね。

思い出しましたか?

第2次産業革命 電気・エネルギー

20世紀初頭の分業に基づく電力を用いた大量生産である第2次産業革命

引用:内閣府ウェブサイト(http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html)

第二次産業革命は、電気・石油により重化学工業が発展し大量生産大量消費が可能となりました。燃料が石炭から石油に代わりました。

第3次産業革命 コンピューター・IT

1970年代初頭からの電子工学や情報技術を用いた一層のオートメーション化である第3次産業革命

引用:内閣府ウェブサイト(http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html)

第三次産業革命は、コンピューターの発展による自動化が進みました。産業用ロボットなどが象徴的です。

まとめ

思いっきりまとめてしまうとこのようになりますね。

第四次産業革命で、私たちの仕事は無くなるんでしょうか?

最近、スーパー等でレジがセルフ化され始めてませんか?

これも第4次産業革命で人間が要らなくなっていくことの先駆けなんでしょうか?

人間が働く場所が無くなる時代になる?

くわばら、くわばらです。

RELATED POST