発達障害

【発達障害】大人特徴?私は疲れやすく、エネルギー切れを起こす。

私は、大人の発達障害当事者(広汎性発達障害)です。

私は、毎日のように

夕方から夜になるとエネルギー切れを起こす

ことが多いです。

 

あと、イライラしやすく、ほんの些細な事でキレてしまい相手を驚かせてしまう事があります。

これらの症状(異様に疲れやすい、些細な事でイライラする)が酷くなり精神科を受診しました。

半年ほど通い、心理検査や知能検査(WAIS-3)を経て『発達障害』という診断を受けました。

現在も通院中です。

発達障害の特徴(特性)? 夜になるとエネルギー切れを起こす

日中、発達障害の特性からくるストレスなどでエネルギーを使い果たしてしまうのか、夜になると急にエネルギー切れを起こします

本当に急にやってきます。

どのような状態になるのかというと、

急に全身がだるくなり、頭が回らなくなり、時には呂律が回らなかったり、会話の途中で意味不明な言葉を発したりし、活動が出来なくなり、その場で寝てしまいます。

 

日中そんなに疲れていないと思っていた日でも、急に起こることがあります。

こんな事がよく起こる

こんなことがよくあります。

  • 夕食後、保育園児の子供と会話していて、会話の途中から意味不明な事をしゃべりだす
  • 子どもに絵本を読んでいて、途中から意味不明なストーリーになる

 

このエネルギー切れはやっかいで、

それが起こると頭がまわらず体も起きていることが出来ず

ふらふらとなり、横になってしまいます(数時間~朝まで)

何度起こされても、なかなか起きることが出来ず、数時間寝てから(深夜11時~3時頃)ゴソゴソと目が覚めます。

そこからお風呂に入ったり、歯を磨いたり、パジャマに着替え、床につきます。

起きることができないまま、そのまま朝まで寝てしまうこともあります。

睡眠時間の合計としては結構な時間寝ているのですが、ソファだったり、着替えないまま寝ているため、疲れは取れず、翌日に持ち越します。

それを毎日のように繰り返し、

2~3か月続いた時はさすがにしんどかったです。

夕食後に寝てしまうため、

子供の風呂入れや寝かしつけ、夕食の片づけなど、

家事、育児も出来ず、日に日に妻からのプレッシャーはきつくなります。

 

家事や育児をしたいのに、出来ない。

 

家事、育児をしたくないのではなく、したいのに出来ない

体が言うことを聞かなくなるんです。

頭と体が回らなくなり、だるくて眠くて、横になるしかできなくなる。

 

仕事が忙しくないでもこれは起きます。

仕事が多忙かではなく、日中誰か(上司、部下、同僚、家族)と一緒に時間を過ごす事、それがストレスとなり、かなりのエネルギーを消費しているのだと思います。

 

対人関係やコミュニケーションに対し、過剰に緊張しているんでしょうね。

 

今まで、みんなそうだと思っていたんですが・・・

違ったんですね。

 

誰かといること自体がストレス。それが家族でも。

 

誰かといること自体がかなりのストレスとなっているのかもしれません。

それは妻、子供でも。

 

これからうまく生活していく上では、

日中、出来るだけ、こまめに一人で休憩したりと

一人でひと息つける時間をどれだけたくさん確保できるか

がカギになるのかもしれませんね。

なかなか難しいですが。

 

 

いろいろ工夫しながらここまで生きてきました。

精神障害者保健福祉手帳を申請予定|発達障害を受容するため発達障害の確定診断を受けたにも関わらずそのことを受容出来ない自分に悩んでいます。本当に発達障害があるのか?と思ってしまいます。 発達障...
デュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)で作業場2倍、効率アップデュアルディスプレイ(マルチディスプレイ、デュアルモニター、マルチモニターなどとも言うみたい)は、本当に便利です。 本当に簡単な設...
うるさい騒音の対策|雑音を消してくれる「デジタル耳栓」が有効! 音に敏感で周囲の音(生活音、空調の音、足音、人ごみのザワつき)などがうるさく感じてしまう方。 耳がいろんな生活音や雑音を拾...
【レアジョブ、ネイティブキャンプ】2スクールを経験者の目から解説します。英会話、上達したいですよね。 私は以前、オンライン英会話を受講していいました。 まだ「オンライン英会話」が流行し始めたころで...
犬の無駄吠え 防止グッズのおススメ 私から口コミはこれ ★5つ 我が家の狂暴なマルチーズが噛みつくのは既報のとおりです。 https://yamahatto.com/maltesekam...
大人の発達障害【克服する知恵?】普通を異常に気にしていた大人の発達障害当事者(広汎性発達障害)と診断されました。 40歳前半でした。 診断を受けた後、私のどこが普通と違うのか、 ...

 

関連する記事