発達障害

大人の発達障害を乗り越える生きる知恵。私はいつも、普通はどうかを周りに確認していた!

大人の発達障害当事者(広汎性発達障害)のはっとです。

40歳の時、発達障害と診断されました。

診断を受けた後、私のどこが普通と違うのか、なぜこれまで気が付かず何とかうまくやってこれたのか、を考えてきました。

その中で一つ、これも知らず知らず身に付けてきた対処法だったのかと思うことがありました。

大人の発達障害者の生きる知恵、といえるものなのか、独特な考え方なのかもしれないと思い、一つの事例としてご紹介します。

(先に申し上げますが、くれぐれも一つの参考です。これが全ての人に当てはまる対処法ではありません。あくまで私の経験則からの一つの事例照会です。)

物事を極端に考えた後に、普通はどうかを確認してから行動していた。

【詳細公開】私のIQ(知能指数)は?WAIS-Ⅲ(知能検査)結果を全公開!私が以前受けたWAIS-Ⅲの結果を公開したいと思います。 私もいろんな方の結果を拝見して大変参考になったので、誰かのお役に立てれば...

こだわりの強さ、相手が求めていることが分からない?

発達障害者は、こだわりが強かったり、コミュニケーションが苦手で相手が何を求めているかを理解することが苦手な人がいます。

私も、このやり方でなければならない、自分がしたいことをやりたい、やるなら徹底的にやりたい、という気持ちが強く出てしまい、相手が求めていることや、一般的な落としどころというものが分からず、これまでに失敗したことが多々あります。

それでも、40歳までに発達障害と分からずにやってこれたのは何故か、思い返すと、次のような思考がよかったのかもしれません。

常に”普通はどうか”を、周りに確認していた。

  • 仕事の方向性を決める際は、自分のこだわりの強さで判断していないか、上司や先輩に、「普通はこっちの方向性でやりますよねぇ。」と聞いていた。
  • 打合せの後なども、「今の話って、普通はこう思いますよねぇ。」「普通はこう考えますよねぇ。」と聞いていた。
  • 物を買う時も、「普通はみんなこっちを買うよねぇ」と確認していた。

常に、普通ならどうか、を基準に物事を判断してきたような気がします。

自分のこだわりや考えを主張することは、あまりしてこなかった気がします。

自分の考えは言わない

発達障害と大人の発達障害の違いとは?発達障害と大人の発達障害の違い。 発達障害とは 生まれつきの特性で、「病気」とは異なります 発達障害はいくつかのタイプに分類さ...

普通はどうかを常に意識しながら意思決定をしてきたのです。

そして基本的にあまり自分の意見は言いません。

極端な思考を取る自分の癖を、自分で何となく理解していたのか、自分の意見を言わず、周囲の判断を優先させるという事を、自分の中でルール化して、意思決定をしてきました。

一時期、座右の銘的なものとして、「流れに身を任せる」を信念にしていたことがありました。

こだわりの強さは、意思決定の方法をルール化することで抑える。

この場合、こだわりをどのように抑え、周囲の意見を取り込み実行できるか、という問題があります。

私の場合は、次のようにルール化しており、③の部分で、ルールどおりに意思決定を達成することで自分のこだわりを抑えていたことが分かりました。

 

大人の発達障害。初診の予約は最低2か月後!予約だけでも急ぐべし大人の発達障害。 私がつい最近、2つの医療機関に問い合わせたところ、 初診までおよそ2~3か月※かかるようです。(※注:あく...

意思決定のルール

  1. 極端に考えたいだけ考えるが、それは公表せず、頭の中に留めておく。
  2. 周囲に、「普通はどうか」を確認する。
  3. 自分の考えと「普通」が違えば、「普通」を採用する。

結果として、特に仕事上では、バランスが良い判断が出来るという評価を得て、これまでそつなく生きてこれたのだと思います。

生きる知恵として?

発達障害の方は、このやり方でなければならない、自分がしたいことをやりたい、など自分流のルールにこだわりが強い方もいます。

私の場合は、こだわりたいが強いところもあるが、決定にあたっては他人の判断(普通はどうか)で物事を決めるというルールを定め、そのルールを順守することに”こだわる”ことにしていたのです。

やりたいようにやれない不満は、押し込めたり、”他人の判断(普通を基準)で物事を決める”というルールを順守するというミッションをクリアする達成感で、バランスをとっていたのだと思います。

最後に

障害者雇用数の水増し。就職・転職のチャンスか!!中央省庁が障害者の雇用数を水増し していたことが問題となっていますね。 雇用の旗振り役として率先して雇用し、 民間企業...
大人の発達障害 であることを受け入れるため、 精神障害者保健福祉手帳 を申請(予定)。今私は、 発達障害 の確定診断を受けたにも関わらず、 そのことを受容出来ない自分に悩んでいます。 未だに、本当に 発達障害 ...
大人の発達障害の人数はどれぐらいいるのか。→意外と多い!隣にも!?最近、大人の発達障害という言葉をよく耳にする方も多いと思います。 会社の同僚、上司・部下がもしかしたら発達障害かもしれない、配偶者...

この方法が最善かは、わかりません。

ただ、こだわる思考のままに行動していては、周囲になじめないことも多いと思います。

私のルールは”自分が無い”、”他人に決められるのは嫌”などと思われるかもしれませんが、私なりにこれまで取ってきた、一つの方法だったのかもしれません。

そんな事を思いました。

平穏に生きていく一つの知恵にでもなれば。。。

では。

 

いろいろ工夫しながらここまで生きてきました。

大人の発達障害 であることを受け入れるため、 精神障害者保健福祉手帳 を申請(予定)。今私は、 発達障害 の確定診断を受けたにも関わらず、 そのことを受容出来ない自分に悩んでいます。 未だに、本当に 発達障害 ...
デュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)で作業場2倍、効率アップデュアルディスプレイ(マルチディスプレイ、デュアルモニター、マルチモニターなどとも言うみたい)は、本当に便利です。 本当に簡単な設...
キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト 勉強、仕事や発達障害の聴覚過敏対策に音に敏感で、 周囲の音(生活音、空調の音、足音、人ごみのザワつき)などが、 うるさく感じてしまう方。 耳が、いろんな生...
英会話上達に必要なのは2つだけ!ネット環境と度胸 オンライン英会話で上達!英会話に自信が無いけど上達したいと思っている方。 今の時代、インターネットを使ったオンライン英会話しかありません。 オンライ...
犬の無駄吠え 防止グッズのおススメ 私から口コミはこれ ★5つ 我が家の狂暴なマルチーズが噛みつくのは既報のとおりです。 https://yamahatto.com/maltesekam...
大人の発達障害を乗り越える生きる知恵。私はいつも、普通はどうかを周りに確認していた!大人の発達障害当事者(広汎性発達障害)のはっとです。 40歳の時、発達障害と診断されました。 診断を受けた後、私のどこが普通...

 

RELATED POST