おすすめのもの

大人の自閉症スペクトラム おすすめ本リスト 4位~6位

私は、大人の発達障害の当事者です。

広汎性発達障害と診断されました。

40歳代になってからです。

まさか自分に発達障害があるなんてと思いましたが、それ以降、障害のことや、自分を理解するために、たくさん本を読みました。

あれこれ読んだ本を、おすすめの順に紹介しています。

 

「発達障害」をもっと詳しく知りたい、と思っている方の参考になればと思います。

 

大人の広汎性発達障害と診断さらたら?当事者がおススメする本リスト【4位~6位】

4位から6位を紹介します。

Fritz_the_Cat / Pixabay

ランキング4位 『発達障害』 岩波明
最初に買った本です。
精神科で検査した結果、”発達障害の傾向がある”と説明を受けて、発達障害とは何か?を知るために買った本です。
この本で初めて、発達障害とは何かを知りました。当時は常に携帯し、何度も読み返しました。
ランキング5位 『アスペルガー症候群との上手な付きあい方入門』 西脇俊二
2冊目に買った本だったと思います。
購入した時はまだ医師から”発達障害の傾向がある”としか聞かされていませんでしたが、その診断内容から自分はアスペルガー症候群かもしてないと思い、アスペルガーについて知るために購入した本です。(その後、広汎性発達障害と確定診断済み)
イラストがたくさんあり、分かりやすく解説されています。
著者で医師の西脇俊二さんんはYoutubeでも発達障害関係の動画をUPされており、そちらも大変参考にさせていただきました。
ランキング6位 『発達障害の自分の育て方』 岩本友規
ある程度、発達障害の事がわかるようになってから購入した本です。
家庭や仕事を持っている人が、大人になって発達障害と診断されたら、どのような状態なるのか、その後どうなるのか、を知りたくて購入しました。
この方のブログなどをきっかけに、この本に辿り着きました。
この方も大人になってから発達障害と診断されています。
自分と境遇も似ていることから、この本を購入しました。
本の内容は個人の体験や経験がもとになっていますので、誰にでも当てはまる訳ではない部分もあるとは思いますが、同じ境遇の方がどのように考えどのような人生を送っているのかは、大変参考になりました。

 

大人の広汎性発達障害 おススメの本 1位~3位私は40歳前半で身体の不調等から精神科に通院することになり、大人の発達障害かもしれないと指摘されました。 その後、広汎性発達障害と...
大人の発達障害と診断後読んだ|買った本の順位【7位~10位】「発達障害」と大人になってから診断されました。 40歳前半で「広汎性発達障害」と診断された私が、これまでに読んだ本をおススメ順に1...