いろいろ好奇心!

大濠花火大会2019 日程と時間は?えっ開催されない?中止!?

福岡の夏の風物詩として長年親しまれてきた大濠公園の花火大会

正式には「西日本大濠花火大会」

都心のど真ん中で開催される花火大会は、他に例がない「全方向から観覧できる都市の花火大会」です。

2018年もたくさんの来場者が訪れ、盛大に開催されました。

 

さて、2019年の日程と開催時間は、例年通りなのでしょうか?

 

女性
女性
えっ、知らんと?

2018年を最後に終了することが発表されと~よ!

男性
男性
ええっ!

福岡の夏と言えば大濠の花火大会やん。何で~、何でなん?

 

大濠公園花火大会は、2018年で終了

西日本新聞社が主催して開催されていた「西日本大濠花火大会」は、2018年の開催をもって、

2019年以降の実施は難しいとの判断により終了

(開催されません)

することが発表されています。

大濠花火大会の歴史

戦後まもなく開催され数度の中断等を経て、2018年で56回だったそうです。

過去にも中断、休止があったということで、今回終了が発表されましたが、また復活はあるのでしょうか?

発表された花火大会終了の理由を見る限り、個人的には復活は厳しいと考えざるを得ません。

大濠の花火大会が2019年以降開催されない理由とは?

主催者からの発表によると「安全・安心」の確保が限界に達したということです。

主催者側も安全・安心の確保のため、過去最多の警備員・誘導員を投入し、出入り口には監視カメラも接設置し、危険回避に努めていたそうです。

しかし、大事故にも繋がりかねない混雑、人の停留が、随所で発生したとのことです。

そして、規制等のルールを守らない人も多かったようです。

園児や児童が大切に育てた花壇が来場者に踏み荒らされる事態や、花火の開始時間までは近隣で待機し(涼んで待っていたり?)、花火開始時間と同時に来場者が一斉に集中したりと、都心のど真ん中で開催する花火大会としては、キャパシティーを大幅に超えていたようです。(幸い大きな事故は起こらなかったそうですが、警備員などが身の危険を感じるほどの状態だったとのこと)

そういった理由から、

2018年の開催をもって終了となることが発表されました。

福岡市は政令都市の中でも、人口増加律がダントツ1位

福岡市は政令都市の中でも人口増加率がダントツ1位という、急成長中の大都市です。

そのわりに街はコンパクトで、世界的にも住みやすい街として評価されています。

食べ物がおいしいというのは皆さもご承知のとおり。

そんな福岡市のど真ん中で開催される花火大会。

ビルとビルの間から真上に見える花火は、普通の花火とまた違い、何か現実感を忘れさせるような、福岡の夏の風物詩でした。

福岡の人口増加や、交通の利便性の向上が、皮肉にも都心で行う名物の花火大会を休止に追いやるという、何とも寂しい限りですね。

重大事故が起きてしまい伝統ある大濠公園花火大会の名を傷づける前に苦渋の判断で中止・終了が決定されたんでしょうね。

大濠花火大会の場所(福岡市中央区の大濠公園)

大濠公園の位置ですが福岡市中央区にあります。地図の真ん中に見える池と、その周辺が「大濠公園」です。

 

大濠公園

すぐ東には福岡の中心街「天神」

そのすぐ東には全国的にも有名な夜の繁華街「中洲」

そしてまた直ぐ東に九州の玄関口「博多」

さらにそのすぐ東にはアジアの玄関口「福岡空港」

 

地下鉄「福岡空港駅」から「大濠公園駅」までは約15分の近さ。

福岡空港から大濠公園までは直線距離でたったの6.5キロ

 

大濠公園がいかに都心の真ん中に位置しているのがわかると思います。

 

福岡市の人口増加、九州新幹線の開通で遠方エリアからの来場者が増加するなどの影響も、あったんじゃないでしょうかね。

そして、とうとうキャパシティーを超えてしまったんですかね。

まとめ

福岡市の夏の風物詩「西日本大濠花火大会」2018年の開催をもって終了となりました。

2019年以降は開催されません。

戦後から幾多の休止等を乗り越えて続いてきた伝統ある花火大会。

福岡市の急成長に伴う人口増加や、交通網の整備による遠方からの来場者、また来場者のマナーの低下などが相まって、とうとう都心で行われるという全国ても稀有な特徴を持った大濠の花火大会は、そのキャパシティーを超え、中止に追い込まれたものと思われます。

不幸中の幸いとしては、大きな事故が起きての終了ではないこと。

2018年の最後の花火大会をもって有終の美を飾り、無事に幕を閉じたということで、いかがでしょうか。

ビル群の中を打ちあがる珍しく、かつ盛況な花火大会だっただけに非常に惜しいですね。

関連する記事