PC関係

hp probook 450 g2 メモリ 増設をやっみたので、サクッと解説

メモリ

現在使用しているノートPC

ヒューレット・パッカードの『probook 450 g2』を使っています。

最近、動作が重たくなってきたので、メモリを増設しました。

その手順です。

probook 450 g2|空きスロット数は

メモリ

これまで購入してからは何もいじっていないノートPCです。

2つスロットがあり、そのうち1つには4GBのメモリが入っています。

よって、空きスロットは1つという事になります。

 

probook 450 g2|増設するメモリは

既にメモリが1枚セットされています。

4GBのメモリです。

今回は、新たに4GBのメモリを1枚増設することとしました。

増設後は、合計で8GBになります。

 

メモリの種類ですが、

今ついている4GBのメモリと同じ商品を購入しました。

同じメーカーで同じ仕様のものをネットで買いました。

どのメモリを買えばいいか分からない方は、

近所の電気店に言ってPC売り場の人にどれを買えばいいのか相談するのが、安心です。

 

今回、どうせなら、8ギガのメモリを2枚購入し、合計16ギガにしようかとも思いました。

しかし、8GBのメモリを2枚購入するとなると、

金額的に結構高額なのと、

私の現在の使用頻度や使用状況と照らして

オーバースペックになる可能性もあると思い、

今回は4ギガ×1枚追加で、8ギガにすることとしました。

ちなみに、このノートPCの最大メモリは、16GBまでのようです。

増設後、満足できない状態になれば、16ギガ(8GB×2枚9にすることも検討しようと思います。

私が今回購入したメモリは、サムスン純正のDDR3-1600 4GBです。

サムスン純正かつAmazon’s Choiceにもなっているので、モノは安心して購入しましたが、PCに合うかどうかは内心ドキドキしました。(何分、パソコン関係は初心者なもので)

 


サムスン純正 PC3-12800(DDR3-1600) SO-DIMM 4GB ノートPC用メモリ DDR3L対応モデル (電圧1.35V & 1.5V 両対応)

 

 

 

ヒューレットパッカードprobook 450 g2 メモリ 増設|手順

それでは、メモリ増設の方法を、順に説明します。

電源コートなどを外す

まず最初に、PCに繋がっているコードを全部外します。

(PCの電源が既にオフになっていることは言うまでもないですね)

バッテリーを外す

PCを裏返し、

バッテリーを外します。

 

道具は不要です。

 

ロックを解除し、バッテリーを外すだけです。

外す際に少しコツがあります。

文字でお伝えするのが難しいので

動画をご覧いただければわかるかと思います。

 

 

メモリが設置されている箇所のフタを外す

バッテリーを取り外した時と同様に、ネジを緩めてフタを外します。

 

空いているスロットに追加するメモリを挿入

向きを間違わないように、丁寧に斜めに挿入します。

斜めに挿入しその後押し込みます。(カチッと音がします)

文字では説明しにくいのですが、動画を見たらわかると思います。

あとは、ふたをして、バッテリーをつけて終わり。

逆の手順で、ふたをして、ネジを閉めて

あとはバッテリーを付ければ終了~

hp probook 450 g2 メモリを増やす|作業自体はとても簡単でした

hp probook 450 g2 のメモリを増やす作業自体はとても簡単です。

どのノートパソコンもメモリの増設作業は簡単だと思います。

私も初めてでしたが、簡単にできました。

 

難しかったのは、どのメモリを買えばいいかです。

私の場合は、いろいろネットで調べつつ、

同じメーカーの同じ仕様のものをネットで購入しました。

 

どれを買えばいいか分からない場合は、

電気店の店員さんなどに相談して買うのが良いかと思いました。(またはネットでなんとか調べる。)

 

まとめ

『probook 450 g2』のメモリ増設をやってみたら

作業は簡単だった。

  1. メモリの増設作業は簡単
  2. どのメモリを買えばいいのか、メモリ探しは初心者にはやや難しかった
  3. 電気屋の店員さんなど詳しい方に相談して、メモリは買うのが安心
  4. ”メモリ増設”はハードル高そうだが、実は簡単でした

 

お読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ