雑学、豆知識

何時から何時まで?|夜中・深夜・未明・早朝・朝方などを【表で整理】

よく使う言葉でも、よくよく考えると意味がよく分からない言葉って多いですよね。

頻繁に使っていても、意味を聞かれると、うまく説明できなかったり曖昧な意味しか知らなかったことに気が付くことも多いですよね。

 

例えば「朝方」とか「夕方」。

何時から何時までを意味するか分かった上で使ってますか?

朝方は、大体午前4時~6時ぐらいのイメージでしょうか?

夕方は、大体午後4時~6時ぐらいのイメージでしょうか?

 

時を表す言葉は、意味が曖昧なまま日常的に使っているなーと思ったので、調べてみました。

面白いこともわかりました。

表で整理したので、分かりやすいと思います。

 

何時から何時まで?|夜中・深夜・夜更け・未明・明け方・早朝・朝方・夕方・夜半・日中・朝・昼・夜の意味を調べたら

辞書からそれぞれの言葉が持つ意味を調べてみました。

日本語は同じ意味でも複数の言い方があったり、関連する言葉が豊富だったりします。

今回の言葉も、同じ意味で言葉を言い換えてていたり、曖昧な意味の言葉も沢山ありました。

日本語は複雑な言語ですね。

何時から何時まで?|言葉の意味を調べて「表で整理」してみた

日没から日の出までの時間。太陽が沈んで、あたりが暗くなっている間。夜間。よ。
夜中夜のなかば。夜ふけ。夜半
深夜よふけ。まよなか。
夜更け夜も非常に遅くなった時。深夜。
夜半よなか。
未明夜半を過ぎて、まだ明るくならない時分。びめい。
明け方夜が明けようとする頃。 ⇔ 暮れ方
早朝朝の早いうち。
朝方朝のうち。朝のあいだ。 ⇔ 夕方
夜が明けてからしばらくの間。または、正午までの間。
日中① 日の出ている間。昼間。
② 六時① の一。正午および正午を中心とするほぼ四時間。また、その間に行う勤行。
① 日の出から日の入りまで。明るい間。昼間。 ⇔ 夜
② 正午。
③ 昼食。ひるめし。
④ 物事の最盛期。
夕方日が暮れ始めて夜になるまでの間。夕刻。夕暮れ。

「weblio辞書」から調べてみました。

何時から何時までとはっきりしている言葉は少なかった。

今回調べた言葉については、辞書で調べる限りでは、何時から何時までと時間を特定して使ってはいないようです。

『夜』の意味のように、

「日没から日の出まで」と基準がはっきりしている言葉もあれば、

 

『夜更け』の意味のように、

「夜も非常に遅くなった時」という曖昧な意味もあります。

 

日没から日の出までといっても、日の出や日没の時間は日々変わっていきますし、同じ日でも地域によって異なります。

時間が統一されたものでは無いですね。

 

また「夜も非常に遅くなった時」と説明されても、今度は「それが何時なのか?」を知りたくなるんですけどね。

日本人っぽく、ちゃんと何時から何時までと決めないで、はぐらかしている感じですね。

説明まで「夜も非常に遅くなった時」って・・・

「こっちは、それが一体何時なのかを知りたいねん!」

と突っ込みたくなりますね。

面白いですね。

 

stevepb / Pixabay

 

同じ意味の言葉|『夜中』『夜半』『夜更け』『夜半』

更に、同じ時間帯を指す複数の言葉があることがわかります。

上の表でいえば、

『夜中』『夜半』『夜更け』『夜半』はほ同じ意味となりますね。

同じ時間を表すのに、いくつもの表現を使い分けるんですね。

日本語って奥が深いのか、何かの経緯で言葉を沢山作り過ぎただけなのか、何かよくわかりませんね。

 

同じ意味の言葉|同義語

同義語

発音や表記は異なるが、意味の同じである語。「あす・あした・明日(みょうにち)」「登山・山登り」「ピンポン・卓球」などの類。同意語。シノニム。 ⇔ 対義語

引用:webilo辞書

 

synonymの意味と読み

シノニム [1] 【synonym】

語形は異なるが、ほぼ同じ意味をもつ語。同義語。 ↔ アントニム

引用:webilo辞書

この言葉は知りませんでした。

同義語は英語では「synonym(シノニム)」というんですね。

「synonym(シノニム)」の反対語は

「antonym(アントニム)」・・・反義語。対義語の意味です。

 

意味が似ている言葉|類義語

類義語

同一の言語体系のなかで、語形は異なっていても意味の似かよった二つ以上の語。「ホテル」と「旅館」と「宿屋」、「あがる」と「のぼる」、「きれいだ」と「うつくしい」などの類。広義では「同義語」も含まれる。類語。

引用:webilo辞書

『夜中』『夜半』『夜更け』『夜半』はほ同じ意味で使われていることから、「類義語」に入るものと思います。

 

 

まとめ|「夜、夜中、深夜、夜更け、夜半、未明、明け方、早朝、朝方、朝、日中、昼、夕方」の意味【表で整理したら】

「夜、夜中、深夜、夜更け、夜半、未明、明け方、早朝、朝方、朝、日中、昼、夕方」が何時から何時までを指すのか、意味を調べて表で整理してみました。

【結論】

何時から何時までと、はっきりと時間が決められているものは無かった。

(日没や日の出の時間を基準としているものはあった。しかし、日没や日の出は日により、地域により異なるため、日本中で統一した時間ではない。)

『夜中』『夜半』『夜更け』『夜半』のように、ほぼ同じ時間を指す言葉も複数あった。

以上でした。

ニュースや天気予報等で使う場合、ある程度の時間の基準を設けて使い分けている例もあるようです。

ただしその業界等としてそのように決めているというだけです。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ