雑学、豆知識

次のうるう年はいつ?|覚え方はオリンピックの年|それは夏季五輪?冬季五輪?

通常より

1年の日数が

一日多い

”うるう年”。

 

1年が366日となり、

2月が29日までありますね。

 

私たちが日常使用している太陽暦において

太陽の運行と暦のずれが生じるため、

そのずれを補正するために

「この1日」が設けらます。

次の『うるう年』はいつ?次回の閏年は令和何年?

次のうるう年は令和2年です。西暦で言うと2020年です。

令和2年は(2020年)は、2月が29日まであるということになりますね。

 

平成でいうと「平成32年」ですが、もうその頃には元号が変わっています。新しい元号『令和』でいうと、2019年が令和元年(1年)なので令和2年ですね。

次のうるう年・・・令和2年

 

2020年といえば

「東京オリンピック」イヤー

ですね!

 

次の次の『閏年』は西暦何年?

次の次のうるう年は令和6年

西暦でいうと2024年

平成でいうと「平成36年」です。

新元号だと「令和6年」、ちなみにオリンピックはフランスのパリで開催されます。

閏年(うるうとし)の

”閏”という漢字は

常用漢字ではありません。

 

なので

「閏年」よりも

「うるう年」と表記されることが多く、

「閏年」は

あまり馴染みがないんですね!

 

次の次の次の『うるうどし』はいつ?

次の次の次の『うるうどし』は令和10年です。西暦2028年です。

平成でいうと「平成40年」です。

オリンピックは、アメリカ・ロサンゼルスで開催されます。東京→パリ→ロサンゼルスの順です。

令和10年。

もう新元号が馴染んできた頃ですかね。

昭和から平成に変わった時も、

最初の10年近くは”昭和でいうと何年”と考えた方がしっくりきていましたよね!

(新人類には、わからないか・・・)

まとめ
新元号「令和」についてまとめ2019年の4月1日に菅官房長官により、次の元号、平成の次の新しい元号が発表されました。 新元号は「令和」 「れいわ」と読み...

 

うるう年の規則性はあるのか?

2つのルールに基づいています。

  1. 4の倍数になるとしは「うるう年」
  2. 例外として、100の倍数になる年の中で400で割り切れない年は平年

 

”平年”とは

「うるう年」ではない年のことです。

1年が365日で、2月が28日までの、

まあ、普通の年のことです。

 

うるう年の覚え方|夏季五輪の年!

2020年がうるう年で、

その後は、

4年に1度

うるう年となります。

 

そして先の規則性の例外

にあたる最初の年は、

2100年となります。

 

よって、

うるう年の覚え方は

『4年に1度、夏季オリンピックの年』

と覚えておけばいいです。

 

(ただし2096年まで。

2100年は、規則性の例外で”平年”となり、365日)

 

閏年が話題になる2月って、花粉満載の時期ですね。

2月28日、29日なんてもう・・・

あ、ムズムズしてきました??

花粉の画像だけでムズムズ?|写真だけで花粉症出るか実験してみて!よく、花粉の話をしただけでムズムズするとか、花粉の写真や映像を見ただけでクシャミがでそうとか、そういう人いますよね。 それ、ホント...

 

マスクがくもる
マスクをつけてもメガネが曇らない方法は?|どこにでもある〇〇で簡単に解消!花粉症や風邪などでマスクをつける時に メガネをしている人は メガネが曇ってしまう。 これはマスクあるある、メガ...

 

 

「規則性の例外」に当てはまる年で

一倍近いのは「2100年」です。

 

その次は

「2200年」

「2300年

 

これらの年は

先に書いた規則性の、1のルールには当てはまるが、

2のルールで除外されますので、

「うるう年」ではなく

「平年」になります。

 

しばらく先なので、

我々の世代は『4年に1度、夏季五輪の年が閏年』

覚えておいても、

よさそうですね。

 

 

2020年~2096年までは、

4年に1度、夏季五輪の年が閏年。

2100年は、例外にあたり、平年です。

 

 

 

2019年は

「366日ではなく」

365日ですね。

 

2019年は

「うるう年ではなく」平年です。

 

2018年…365日(平年)

2019年…365日(平年)

2020年…366日(うるう年)

2021年…365日(平年)

2022年…365日(平年)

2023年…365日(平年)

2024年…365日(うるう年)

2025年…365日(平年)

うるう年の2月29日生まれの人|年齢の数え方は?

うるう年の、2月29日に生まれた人は

4年に1度しか2月29日が来ません。

 

なので、

単純計算で80歳になる年で、20回目の2月29日を迎えることになります。

 

つまり、

80歳でやっと、二十歳になるのです!

 

ホント?

嘘ですね。

 

日本の法律では、

誕生日の前日の24時

年を加算する

ことになっています。

 

つまり

2月29日が無い年でも、

誕生日の前日である

2月28日の24時(=3月1日の0時)に

年をとります。

 

誕生日の2月29日が無い年だからといって、年が増えないということは無いんですね!

まあ、4年に1度、80年後にしか20歳に慣れない人が生まれていては大変なことになりますよね。

GWの過去の天気を知るには?|知らない土地を旅行する前に

「うるう年」の年の2月29日に、ニュースなどで80歳のおじいちゃん、おばあちゃんが二十歳のお祝いをしている映像を観ますよね。

あれは、シャレでやっているお祝いなんですね。

 

本当に4年に1度しか年をカウントしないわけではないんですね。

そりゃそうだ!

 

まとめ

うるう年の覚え方は、4年に1度、夏季オリンピックの年と覚えておきましょう。

(ただし、この法則は2096年までですので、注意が必要です。生きていたら。)

 

おまけ↓

「うるう年」は英語で何?「平年」は英語で何?

うるう年 = leap year

平年 = common year

 

まとめ

  • 次のうるう年は2020年です。
  • 閏年は4年に1回、夏のオリンピックの年と同じです。(少なくとも我々が生きているうちは)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

 

このブログは10万人以上の人に読まれています。

この記事が一番読まれている記事で1万5,000回以上読まれています。

 

他の記事を見るには記事の一覧(サイトマップ)が便利です。

全記事の一覧です(サイトマップ)...
こちらの記事もおすすめ