雑学、豆知識

給油口の場所は左右どっちでしょうか?|運転席から一目でわかります。

ガソリンスタンドでいつも迷う、給油口が右側だったか左側だったか・・・

本当に、いつも迷う。そんな方に。

一発一瞬で見分けることができます。

給油口はどっち?|右側?左側?

意外と知られていない、プチ雑学。

でも、知っているのと知らないのとでは、大違い!

毎回ストレスが無くなりますよ!

答えは簡単!

車の給油口が右か左かを、運転席から簡単に知る方法は?

ガソリンメータを見てください!表示されていますよ!

ガソリンメータ―とは、ガソリンの残量を示している車の速度表示などの横にあるメータですね。

そこに、給油口の場所が右にあるか左にあるか、書いてあるんですよ!

(一部古い車や外車に例外あり)

給油口の場所はここに記載されている!

次の画像を見ていただければ一発でわかります。

わかりましたか?

給油口はこの▲マークが示している方向にあります。

 

給油口の場所はガソリンのマークの横にある▲印が示している!

真ん中にガソリンのマークがありますね?

その横に▲印があると思います。(古い車や外車には一部無いものがあるようです)

この▲が、給油口が左にあるか右にあるかを示しています。

ガソリンマークの左側に▲があれば、車の左側に給油口があります。

ガソリンマークの右側に▲があれば、車の右側に給油口があります。

なんとも簡単に見分けることができます。

こんな簡単なのに意外と知られておらず、ガソリンスタンドで右往左往しているドライバー多いですよね~!

こんな簡単なのに知られていないし、みんな困っているだから自動車免許の教習所でひと言教えたらいいのにと思いませんか?

 

一回聞けば忘れないと思いますけどね。

それで何十万人ものプチストレスが軽減されます。(おおげさですかね?)

今のようにセルフ式のガソリンスタンドが主流になる前は、ガソリンスタンドのスタッフが給油口の場所を確認して誘導してくれていました。

なので給油口の場所を常日頃意識することはありませんでした。

今はセルフ式のスタンドが主流です。

毎日乗っているマイカーでも、たまに給油口の場所を忘れることがありますよね?

たまに乗る社用車や他人の車、レンタカーの場合、事前に給油口の場所なんか確認してませんよね。

いざ給油する時にスタンドの入り口で慌ててしまいますよね。

この見分け方を一度覚えるだけで、そのストレスから

すーっと開放されます。

 

是非覚えておいてみてはいかがでしょうか?

一度確認すれば覚えるもなにもわかりますよね。

 

給油口の場所はメーカーで違う|メーカで右、左の傾向がある(全部ではない)

トヨタは〇側。日産は〇側。というふうにメーカーごとにある程度原則右側とか左側とかの傾向が決まっているようです。

ただし一部車種で例外があったりもするようです。

外車もしかりです。

 

普段乗り慣れていない車でも、これで安心ですね。

プチストレス解消に繋がればいいと思っています。

 

一人分のストレス解消はこれっぽっちでも、みんなが知れば全体で大きなストレス解消になりますね。

知らない人がいたら教えてあげてください。

そんなプチストレスって、世の中にたくさんありますよね。

チョット知っているだけで、日々のちょっとしたイライラ、ほんのちょっとなのにいつもチョットだけイライラしてしまう、いつもちょっとだけストレスを感じてしまう。

そんな、『ちょっとだけストレス』の解消になれば幸いです。

ご清聴ありがとうございました。

関連する記事