雑学、豆知識

医療費控除額が0円の場合、確定申告をする必要があるのか?

はじめまして。

このブログは開設して、

まだ、たった半年程度ですが、

既に、8万2千人以上の方に

来ていただいております。

しかも、

今年に入りアクセスが激増し、

1月から今日(3月6日までで)までに

6万8千人もの方に訪問いただいております。

今、ご覧いただいている方も含めて、皆さんに感謝いたします。

今後も皆さんにとって、有益な記事面白い記事興味をくすぐられる記事チョットした話のネタになる記事を、たくさん提供していきたいと思っています。いろいろなジャンルの記事を書いておりますので、ご興味があれば他の記事も覗いていってください。

前置きが長くなりましたが、では、どうぞ。

~~

医療費控除の確定申告をしようとして、

国税庁の『所得税(確定申告書等作成コーナー)』のページで申請書を作成したところ、

医療費控除額が0円になりました。

この場合、

一応確定申告をするべきか、確定申告をする必要が無いのか、

迷いますよね。

医療費控除額が0円の場合、確定申告をする必要があるのか?

医療費控除

結論としては、

医療費控除額が0円となった場合は、

確定申告をする必要はありません。

 

医療費控除
医療費控除|確定申告の期限はいつまでに?【間に合わなかった場合は?】はじめまして。 このブログは開設して、 まだ、たった半年程度ですが、 既に、8万2千人以上の方に 来ていただいて...

医療費控除の還付金が0円でも、医療費控除を申告して住民税が安くなる

住宅ローン減税で既に源泉徴収額が0円になっている場合、これ以上引けない状態のため、医療費控除による還付金が0円になる方は多いと思います。

ではその場合、還付金が0円だからと言って医療費控除を申告しなくていいのか?

答えは否です。

医療費控除を申告した方がいいです。

なぜなら、

住民税が安くなるからです。

なので、

源泉徴収税が0円だとしても医療費控除の申告はやったほうがいいですよ!

 

「医療費控除額0円」と「還付金が0円」は意味が違う。

先に述べたように、「医療費控除額0円」と「医療費控除額は金額が計上されているが還付金が0円」の場合では、

意味が異なりますのでお気をつけください。

前者の場合は、

医療費控除を申告する必要はありません。(しても意味がありません)

後者の場合は、

所得税額が0円なのでこれ以上戻ってくる所得税はありません(=還付金0円)ですが、住民税が安くなりますので、申告する意味はあります。

まとめ

私は今回初めて医療費控除の手続きをしました。

複数年分を手続きしようとした際に、

年によって

「医療費控除額0円となる年」や、

「還付金0円となる年」があり、

その意味がわかりませんでしたので、調べてまとめてみました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

 

医療費控除の申告する期限や、

過去の医療費控除を遡っての申告することについて、

別の記事にまとめていますので、併せてご覧ください。

医療費控除
医療費控除|確定申告の期限はいつまでに?【間に合わなかった場合は?】はじめまして。 このブログは開設して、 まだ、たった半年程度ですが、 既に、8万2千人以上の方に 来ていただいて...

 

こちらの記事もおすすめ