花粉

花粉症|花粉シーズンはいつから?|ポイントは飛散開始日前からの対策

『2019春の花粉飛散予測(第2報)』が日本気象協会より発表されています。

2018年12月12日発表

毎年、年末年始ごろになると、またつらい花粉の季節がやってくるのか~と、げんなりしている人も多いことでしょう。

一早く来シーズンの花粉動向をチェックして、早めの対策や準備をして、少しでも症状を緩和させましょう!

 

では

花粉症の方が気になる花粉の飛散開始時期についてお知らせします。

 

花粉シーズンはいつから?|2月中旬からスタート

日本気象協会発表の「2019年春の花粉飛散予測(第2報)」によると、

花粉シーズンのスタートは2月中旬から

いよいよですね。

 

Hans / Pixabay

 

2019年の花粉の量は多い?|広範囲で「やや多い」

「飛散開始時期」と同じく気になる「飛散量」ですが、次のように予想されています。

飛散量は、多かった昨年のシーズンに比べると少ないものの、広範囲で例年よりも「やや多い」飛散量と予測。

 

~“多かった前シーズン”よりは少ないが、広い範囲で例年より「やや多い」飛散量に~
花粉シーズンは2月中旬に九州や四国、東海、関東地方の一部からスタート

引用:日本気象協会https://tenki.jp/『2019年 春の花粉飛散予測(第2報)』

 

昨年は花粉が多く飛びました。

それよりは少ないが、例年よりは「やや多い」量になりそうだということですね。

 

飛散開始日とは?|その前から花粉は飛び始めている

『飛散開始日』という言葉があります。

飛散開始日とは

『1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を、2日連続観測した最初の日』のことをいいます。

 

花粉予測などでこの言葉を見た時、聞いた時は次の点も、少し意識しておくといいかもしれません。

「飛散開始日」の前から、花粉はわずかに飛び始めている

ということです。

 

花粉症持ちの我々にとっては『悲惨開始日』ともいえる「飛散開始日」ですが、その前から花粉は飛び始めているので、その発表前から早めの対策が必要だということです。

『飛散開始日』の発表前から、わずかに花粉は飛び始めている。

早めの対策が肝心です!

 

Hans / Pixabay

 

花粉対策はいつから始めればいい?|2019年スギ花粉前線

2月中旬から飛散が開始する地域では、1月中から花粉に対する対策を始めるといいとのことです。

ムズムズし始める前から対策をしたいですね。

 

引用:日本気象協会https://tenki.jp/『2019年 春の花粉飛散予測(第2報)』

 

ここに書かれている時期よりも、遅くとも半月ぐらい前から対策を開始!

したいですね。

 

みなさんはどんな症状にお困りですか?

私の場合は、くしゃみ、鼻水はそこまでひどくは無いんですが、目のかゆみと湿疹ができます。

早めに対策をしないとですね。

 

まとめ

  • 花粉シーズンのスタートは2月中旬から
  • 多かった昨年のシーズンに比べると少ないが、広範囲で例年よりも「やや多い」飛散量を予測
  • 飛散開始日とは『1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を、2日連続観測した最初の日』
  • 飛散開始日前から花粉が飛び始めている。早めの対策を!
  • 2月中旬から飛散が開始する地域では1月中から対策開始を!

 

いろいろな花粉症対策グッズや薬も売られています。

早めにチェックしておきたいですね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

 

今日飛んでる?

と思ったら

花粉症、今日、ひどいと思ったら|飛散状況がわかるサイト2つなんだか、今日は鼻がムズムズするなぁ~、目がかゆいなぁ~、 花粉、今日はひどいのかも!! と思ったら。 こ...