花粉

花粉は1月から飛んでいるんです|1月に初観測した都道府県もありました

くしゃみをしている人

まだ1月。

 

花粉シーズンの前なのに

 

鼻がムズムズしたり

目がかゆい

 

『もう花粉来た?』

 

まだ早いでしょ!?

 

実は花粉って、飛散開始日の前から飛んでいます。

 

 

2020年の花粉の傾向など、

花粉関係の記事をまとめています。

 

★花粉関係の記事まとめ★

 

 

 

『飛散開始日』『初観測日』の二つの言葉があることも、抑えておきましょう。

 

花粉は1月から飛んでいるんです|初観測日が1月だった都道府県は?

 

花粉は1月から飛んでいるんです。

 

2018年の例でいうと

 

初観測日が1月中だった都道府県は16

もありました。

 

1月に早くも花粉を初観測した都道府県というと、

九州や四国など

西日本に多そうな気がしますが・・・

 

実は2018年は次のような状況でした。(いくつか抜粋して紹介します)

 

  • 花粉の初観測日 岩手県(1月8日)
  • 花粉の初観測日 新潟県(1月7日)
  • 花粉の初観測日 富山県(1月17日)
  • 花粉の初観測日 東京都(1月2日)
  • 花粉の初観測日 三重県(1月7日)
  • 花粉の初観測日 高知県(1月24日)
  • 花粉の初観測日 福岡県(1月4日)

など

全部合わせると、2018年は全部で16の都道府県で、1月に花粉が初観測されています。

 

岩手でも

1月に初観測されているなど

北の方でも、早い段階で観測されていますよ。

 

 

桜前線のように

花粉前線という言葉もあるようですが

この2018年の初観測日に限ってみたら

南から順番ということでもなさそうですね。

 

結構バラバラです。

 

 

 

自分の都道府県の初観測日を詳しく知りたい方は、花粉情報協会というNPO法人のウェブサイトに掲載されていますので、ご参照ください。2018年以前のデータも掲載されています。

 

花粉の初観測日と飛散開始日の違い

花粉の

「初観測日」と

「飛散開始日」の違い

 

を抑えておきましょう

 

初観測日
その年初めて花粉が測定された日

飛散開始日
花粉飛散開始日とは、同一測定施設で、1月以降にスギ花粉が1平方センチメートル当たり1個以上捕集される日が、原則として2日以上続いた最初の日。公益財団法人日本アレルギー協会の定義による。

引用:一般社団法人山口県医師会公式サイト(http://www.yamaguchi.med.or.jp/)「花粉の測定方法について」のページより

 

 

花粉の初観測日とは、

その年(1月1日以降)で初めて花粉が観測された日をいいます。

 

そして、

 

花粉の飛散開始日とは、

スギ花粉が1平方センチメートルあたり1個以上観測された日が2日続いた1日目をいいます。

 

 

花粉は、

初観測日の時点で、数は少ないものの飛んでいるという事になりますね。

1月中から

少ないながらも、観測地点の場所では飛んでいるということです。

 

 

マスクがない場合の花粉対策|どうすればいい?鼻穴に塗ります!お手元にマスクは残っていますか? 2020年の春は、日本中でマスクが品切れ状態になっていますね。 最悪なこと...

 

 

花粉初観測日と花粉飛散開始日を比較

 

先ほど抜粋して紹介した、

2018年において

1月中に初飛散日を記録した都道府県について、

 

「初観測日」と「飛散開始日」を並べて比較してみます。

 

 

( )内は初観測日、 【 】内が飛散開始日です。

 

  • 岩手県 (1月8日) 【掲載無し】
  • 新潟県 (1月7日) 【3月3日】
  • 富山県 (1月17日) 【3月3日】
  • 東京都 (1月2日) 【2月10日】
  • 三重県 (1月7日) 【2月16日】
  • 高知県 (1月24日) 【2月17日】
  • 福岡県 (1月4日) 【2月16日】

 

どうですか?

 

初観測日と飛散開始日の間には結構、期間が開いています。

ただ、

これは1月に初観測日を迎えた都道府県のうちからの抜粋です。

 

初観測日と飛散開始日が近い都道府県もあります。

  • 和歌山県(2月23日)【2月26日】
  • 鹿児島県(2月9日)【2月16日】

などです。

数日から1週間程度の県もありますね。

 

  • 長崎県(2月1日)【2月2日】

長崎県は、たった1日違いですね。

 

 

花粉飛散開始日だけを注目してみても、

2月初旬に飛散開始となったところもあれば、

3月初旬のところもあり、

 

1ヶ月ほどの間があります。

 

およそ南から順に

飛散開始日が北上する傾向はあるとしても、

 

必ずしも順番に

というわけではないみたいですね。

 

今回紹介したのは、

2018年がそのような状況だったという、一例です。

 

その年によって、いろいろ時期の変化はあるとは思います。

特定の都道府県の傾向がどうのという話ではありません。

 

 

花粉は1月中に初観測されている

 

ということをお知らせしたくて

この記事を書きました。

 

花粉に敏感な方は、

早めの対策をしましょう!

 

これを言いたかったんです!!!!

 

 

まとめ

  • 花粉は1月から飛んでいて初観測されている場所もある。
  • 『初観測日』と『飛散開始日』は違う
  • 『初観測日』と『飛散開始日』は全国でバラバラ
  • 花粉に敏感な方は、早めに対策を準備しましょう!

 

お読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

 

マスクがない場合の花粉対策|どうすればいい?鼻穴に塗ります!お手元にマスクは残っていますか? 2020年の春は、日本中でマスクが品切れ状態になっていますね。 最悪なこと...

 

ABOUT ME
ハット
ハット
ハットです。このブログはこれまで【20万人以上】が来訪しています。↓↓↓↓さえない男の詳細なプロフィールは、以下のURLから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓