いろいろ好奇心!

新紙幣はいつから?→2024年度上期めどに発行予定。福沢諭吉の前は誰だっけ?

紙幣

新元号「令和」の発表に日本中が湧き、まだ興奮が収まり切れていない頃に、もう一つ大きな発表がありましたね。

お札が新しくなります。

新しい紙幣に刷新されるそうで、新しい紙幣のイメージも発表されました。

その新紙幣に描かれている肖像画はそれぞれ次の通りです。

  • 一万円札 ・・・渋沢栄一
  • 五千円札 ・・・津田梅子
  • 円札 ・・・北里柴三郎

 

渋沢栄一の前、現行の一万円札は『福沢諭吉』ですね。

財布に1万円札が無い時は、

諭吉が無い!

と言ったり、

1万円札を使った時は

諭吉が無くなった~

と言ったり、

諭吉、諭吉と皆に親しまれてきた諭吉さん。

 

今後は、

  • 栄一が~
  • 栄ちゃんが消えてった~
  • 栄ちゃん、がっぽりゲット!

なんて言い方をするのかもしれませんね!

 

では・・・

福沢諭吉の前は誰だったでしょうか?

わかりますか?

あなたは覚えていませんよね??

新紙幣はいつから?→2024年度上期めどに発行予定。福沢諭吉の前は誰だっけ?

新紙幣は2024年上期めどに発行される予定ということで、もう少し時間がありますね。

新紙幣が発行されても旧紙幣はまだ市場に山ほど流通していますし使用も出来るので、しばらくは、財布の中で

諭吉と栄一のコラボレーションという事になりますね。

 

私の財布は、

英世と柴三郎のコラボが中心になりそうですが・・・

 

ところで、私と同様に、

普段あまり馴染みのない方もいると思う一万円札ですが

新一万円札の顔となる

『渋沢栄一』の前の前は誰だったでしょうか?

つまり、

現行の1万円札である『福沢諭吉』の前ですが、覚えていますか?

 

私は・・・

間違って覚えていました。

 

伊藤博文かと思っていました。

違います。

 

この人ですね。

福沢諭吉の前の壱万円札、渋沢栄一の前の前の1万円札は『聖徳太子』です。

 

あー!えっ!?・・・聖徳太子がお札?知らない・・・。

ずいぶん前に

「聖徳太子」から「福沢諭吉」に変わったので、

若い人は、一万円札=福沢諭吉しかイメージに無いかもしれませんね。

 

聖徳太子が一万円だったことを知らないかもしれませんね。。。

 

聖徳太子は、小学校?中学校の歴史で習ったと思うので、あらためて紹介しませんが、聖徳太子は10数人が一度にしゃべった内容を、全部一度で理解したという逸話が有名ですよね。

思い出しましたか?

 

こんなお札でした。

昭和61(1986)年1月4日発行停止

寸法:縦84mm、横174mm
肖像:聖徳太子
発行開始日:昭和33(1958)年12月1日

旧一万円(表面)

 

旧壱万円(裏面)

引用:日本銀行ウェブサイト「銀行券/国庫・国債」https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/valid/past_issue/pbn_10000.htm/

 

デザインも何か昔のお札という感じで、重厚感がありますね。

 

まとめ

新紙幣が発行されるということで、現行の紙幣の一つ前の一万円札について、振り返ってみました。

聖徳太子でしたね。

聖徳太子→福沢諭吉→渋沢栄一ですね。

 

こちらの記事もおすすめ