おすすめのもの

鼻毛カッターを使用後|鼻の中の鼻毛くずの掃除方法【3つ】

人のやり方を知りたいシリーズ。第一弾。

鼻毛カッターの使用後、鼻の中に残っている「鼻毛くず」をどのようにして掃除しているか?

 

鼻毛が出ているのって、気になりますよね。

気になる方は手入れをしていますよね。

私は鼻毛カッターを使って、鼻毛を定期的に処理しています。

あなたは鼻毛カッターを使っていますか?

そして、

鼻毛カッターで鼻毛を処理した後

鼻の中に残っているカットした毛くずを

どのように処理していますか?

 

私は、

次の3つの方法を駆使して、

カットした「鼻毛くず」鼻から掃除しています。

 

鼻毛カッター|使用後の鼻の中の掃除方法【その1】

 

401711 / Pixabay

 

鼻毛カッターを使用後の、鼻の中の掃除方法。

まず、1つ目は

鼻をかむ

です。

鼻をかんで、かんだ時の風の勢いで、鼻の中に残っているカットした鼻毛を外に吹き飛ばします。

鼻の中が乾燥している場合はどは鼻をかみずらいので、鼻の中を水で濡らして鼻をかむと効果的です。

鼻の中の濡らし方ですが、指を濡らして鼻の中に突っ込んだり、手や洗面器に等に汲んだ水を鼻で吸い込んで、鼻の中を湿らせます。

水を吸い込んで鼻の中を濡らす方法の場合、鼻の中を湿らせる事が出来る程度水を吸い込みましょう。吸い過ぎるとむせてしまうので、むせない程度に。

ティッシュを濡らして鼻の中に突っ込んでもOKです。

電動鼻毛カッターを使った後|鼻毛くずの処理方法【その2】

鼻毛カッター使用後、鼻毛のクズを鼻から取り出す方法。

2つ目は

ティッシュペーパーを鼻に詰める

です。

ティッシュを鼻に詰めて回したり出し入れさせて、鼻の中の毛クズをティッシュにくっ付けて取り除きます。

ティッシュを水に濡らすと、カットした鼻毛がティッシュにくっ付きやすくなり効果的です。

鼻の中が乾燥している冬などは、濡らしたティッシュはより効果的です。

 

鼻の中に詰めるティッシュの形状ですが、鼻血が出た時に鼻にティッシュを詰めますよね、あの形と同じです。

 

  • ティッシュは濡らすと、より効果的
  • ティッシュの形状は、鼻血の時と同じ

 

鼻毛カッター|使い終わった後の、鼻の中の鼻毛の処理方法3つ

鼻毛カッター|鼻毛処理後の鼻の中|鼻毛クズの取り方【その3】

見出しに「の」が多くてすみません。

鼻毛カッターで鼻毛を処理後、鼻の中に残っている鼻毛クズをどのようにして取るか、3つ目の方法はこちら!

指で鼻をほじる

最後の手段になりますが、やはり最終的かつ最強の方法はこれでしょうか。

いろいろな角度から、鼻の中の必要な場所を自由自在に、ピンポイントで攻めることが出来ます。

1つ目、2つ目の方法で取りきれなかった「カット後の鼻毛クズ」。

1、2の方法では取り出せなかった「鼻毛くず」を、指で掻き出すことができます。

 

この時、

まだたくさんの鼻毛クズが出てくる場合は、1つ目や2つ目の方法を再度試します。

また、

指を使う場合も、必要に応じ指を水で湿らせると効果的です。

 

鼻毛カット後の鼻の掃除方法

1つ目から3つ目の方法を、適宜組み合わせながら、鼻の中に残った鼻毛クズを排出します。

1~3の方法のどれも、必要に応じ水を使うと効果的。

どの方法も、行う際は鼻の中を傷つけないように注意を払う事。

 

まとめ

鼻毛カッターを使用した後、鼻の中にカットした鼻毛がまだ残っているけど、その鼻毛をどの様にして掃除しているかについて、私の方法を大公開。

みなさんはどの様な方法でやっていますか?

くだらない事だけど、なかなか人には聞けないですよね。

私の方法が参考になればと思います。

  1. 鼻をかんで外に排出する
  2. ティッシュで取る
  3. 指でほじって取る

1~3を必要に応じ組み合わせて行うと効果的

1~3ともに水で濡らすと効果的

鼻の中を気づつけないように注意

 

この商品なら、鼻毛クズの掃除は不要!

鼻毛をカットしながら吸引

してくれる「鼻毛カッター(エチケットカッター)」がありました!

かつ、刃はもちろん、本体も水洗いできます。

 

鼻毛のみならず、眉・ひげ・耳にも使用可能

 

「毛くず吸引」機能搭載!

毛くずをファンが吸い込む「毛くず吸引」機能搭載。カットした毛を鼻の中や周囲にまき散らすことが少なく、後始末もラクラク。

本体も水洗い可能!

本体も水洗いできるからいつも清潔
外刃・内刃・毛クズボックスはもちろん、本体も水洗いOK。いつも清潔に使える。

これいいですね!信頼できる日本のパナソニック製。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

またお願いいたします。

関連する記事