いろいろ好奇心!

赤ちゃんの名前ランキング2018|胎児ネームが流行り!つけます?

赤ちゃんの名付けの傾向、気になりますよね。

これから子を授かろうとしている方はもちろん、自分の子どもの名前が何位にランクインしているのかも、毎年、発表のたびに気になっちゃいますよね。

2018年『たまひよ2018人気名前ランキング』が発表されました。

「たまひよ人気名前ランキング」が発表されました。2018年1月1日~2018年9月30日に生まれた赤ちゃんの名前のランキングです。

調査対象は「たまひよ」の直販商品をご利用されたお客さんということで、9,459名(男の子4,929名、女の子4,530名)からのランキングとなります。

赤ちゃんの名前ランキング 2018の傾向としては

赤ちゃんの名付けの傾向は後回しにして、今回は生まれる前の胎児に名前を付けるという、『胎児ネーム』に着目しました。

胎児ネームも流行っている

最近は、おなかにいる赤ちゃんに名前をつけている人も多いようです。

その名前を「胎児ネーム」と言います。

お腹にいる赤ちゃんに話しかける時”あかちゃん” じゃ呼びにくいですよね。

我が家も胎児ネームをつけました!

我が家も2人目の時に、胎児ネームをつけました。

『かんちゃん』でした。上の子(当時3歳)が付けました。

なぜ「かんちゃん」なのか?

「何となく」だそうです。ほっこりしました。

 

『胎児ネーム』を出産後にそのまま名前にするケースもあるらしいです。

我が家は違う名前にしました。

胎児ネームから”かん”を入れようと思いましたが、いい名前が思いつきませんでした。

生まれて新しい本当の名前を付けたら、胎児ネームは意外とすぐに忘れました。

名付けの際は、あまり、胎児ネームにこだわらなくてもいいですね。

 

赤ちゃんの名前ランキング 2018の傾向としては

後回しにしていた、名付けのランキング2018年の傾向はどうだったんでしょうか?

早速、順にお知らせしていきます。

その年に活躍した人の名前」にあやかった名付けは減少傾向

その年に活躍した人から名前をもらう傾向は、減少傾向のようです。

昔だったら?

茂雄(長嶋茂雄)

一郎(イチロー)

拓哉(キムタク)

菜々子(松嶋菜々子)

あおい(宮崎あおい)

とかですかね。さすがに一郎はあまり無いか・・・

今年だと、二刀流で日米を沸かせた日本人メジャーリーガーからの「翔平」(大谷翔平)が思いつきますね。

 

「読みにくい名前」「キラキラネーム」顕著に減少

読みにくいな名前や、キラキラネームを避ける親も増えているそうです。

この傾向は、1才1カ月までの第1子を持つ全国の女性420名に、インターネットで調査した結果だそうです。

※1才1カ月までの第1子を持つ全国の女性420名にインターネット調査。2018年3月実施。複数回答。

引用:たまひよONLINE https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00004078-tamahiyo-hlth&p=2

 

男の子は「律」「健」、女の子は”みこと”が急上昇

男の子は「律」と「健」が急上昇しました。

「律」が昨年の113位から47位。

「健」は昨年の190位から47位。

この2つの名前、いずれもNHK朝ドラ『半分、青い。』に関連しています。

主人公の幼なじみの「律」と、それを演じる俳優の佐藤健さんの「健」から影響されたものかもしれないとのことらしいです。

 

女の子は”みこと”という読みの名前が急上昇

”みこと”と読む名前が昨年130位から35位に急上昇。

ドラマ『アンナチュラル』や『トドメの接吻』に登場した人物の名前から、人気が出た可能性があるということです。

 

その年の活躍した名前は減少傾向にあるという中大健闘ですね。

佐藤健さんにいたっては、役の名前とご自身の名前のどちらも急上昇ということで、人気を証明していますね。

自分の名前が付けられるってどんな感じなんでしょう。

何か責任も感じちゃいますね。

その他の傾向

 

その他の傾向としては、

  • 自然・植物を連想させる名前が人気
  • 夫婦一緒に名前を最終決定する割合が増え「夫のみ」は減少

という傾向もあるらしいです。

 

昔は、おじいちゃんが名付けたという話も良くありましたよね。代々親から一字ずつもらているとか、代々この1文字は必ず入れている、といった家庭もありましたよね。

今はそういう名付け方は減っているんでしょうね。やっぱり夫婦二人で、気持ちを込めた名前をつけたいですよね!

「赤ちゃんの名前ランキング」で毎年どんな名前が付けられているかを見るのは楽しいですね。

 

関連する記事